2011/4/1

代表 山本直美の新刊「子どものココロとアタマを育む 毎日7分、絵本レッスン」が発売されました!

保護者と子どものための教室「リトルパルズ」を展開する株式会社アイ・エス・シー(東京・世田谷区)代表の山本直美が
3冊目となる書籍を4月1日に出版します。

本書は著者が運営する「リトルパルズ」で実践している「With Bookプログラム」のエッセンスを紹介するものです。
「With Bookプログラム」の最大の特徴は、絵本を楽しみながらその後の人生で役立つ10のチカラ
(聞く、伝える/想像力/自発性/道徳心/親切心/集中力/好奇心/探究心/価値観/自尊心)を蓄えられこと。

単に年齢だけでなく、子どもの心身の発達度合いに合わせて5つのステップを用意。
ステップに沿って絵本を選び、読み聞かせをすることで、どの子でも自然に絵本に親しみ、
その後、児童書へスムーズに移行することができます。
絵本を入口として、ゆくゆくは本好きな子になる過程で、子どもの生きる力を育み伸ばすことができます。

また、絵本は親子の絆を深める最高のツールでもあります。
子どもに絵本を読み聞かせることで、子どもはもちろん、大人も心の安定を得ることができます。
不安の多い世の中で、絵本を通して、一人でも多くの親子に幸せな時間を過ごしていただけるよう、
親子で絵本を読むときの具体的なアドバイスをしております。

家に例えれば、基礎をつくっている時期が幼児期。この大切な時期に揺るぎない親子関係の土台をつくり、子どもの「伸びる力」を蓄えさせるために、本書を参考に、親子で絵本に親しんでいただければ幸いです。

 

<目次>

●第1章 子どもに必要なチカラはすべて絵本が教えてくれる

⇒幼児教育の現場でわかった幼児期に絵本が欠かせない理由

●第2章 子どもが絵本好きになる5つのステップ

⇒1st.step 絵本で子どもの認知を高めよう

2st.step 繰り返しを楽しんで「快動」を育てよう

3st.step 少しずつストーリーのあるものに慣れさせよう

4th.step モノクロの絵本で言語理解力を鍛えよう

5th.step 素話(すばなし)で絵本レッスンの総仕上げ!

●第3章 絵本の活用レシピ

⇒絵本と暮らして想像力をふくらまそう。

●第4章 いい絵本101冊

⇒ステップごとにおススメの絵本を紹介

 

<山本直美プロフィール>

山本 直美(やまもと なおみ)

株式会社アイ・エス・シー 代表 チャイルド・ファミリーコンサルタント

1967年生まれ。日本女子大学大学院家政学研究科修士課程修了。

幼稚園教諭を経て、大手託児施設の立ち上げに参画。95年、株式会社アイ・エス・シーを設立し、
自らの教育理念実践の場として保護者と子どものための教室『リトルパルズ』を開設。
以来、1歳から小学校低学年までの子どもたちを育て続けている。
企業内託児施設の運営コンサルティング、「親子のコミュニケーションと自立」をテーマに、
企業にて『ゆるママ講座』『できパパ講座』を開催、各地で講演会も行っている。
著書に、『ことばのアルバム』(ディスカヴァ-21)、
『デキるパパは子どもを伸ばす―今すぐ取り組める13のステップ』(東京書籍)がある。